迫力ある公共工事

こんにちは!今日は富合小学校のプールの現場に行きました!

これが現場の写真です👇

 

ここの現場では「ハッカー」という道具を使って鉄筋と鉄筋を結束線で繋げる作業を行っていました💪✨

くるくる回して鉄筋を結束線で縛っていくんですよ!でも回しすぎると切れちゃったりするみたいで難しいそうです

 

手作業なのほんとにすごいですよね!全体的にみるとこんな感じ👇

あと、今日初めてみたんですけど型枠の高さを測る機械も置いてありました!

公共工事の現場はやっぱり迫力があるな~って思いました。

 

ここの現場で社長からコンクリートについて教えてもらったので皆さんにご紹介しますね👍

コンクリートは液体なので型枠に流し込みます。でもコンクリートはすっごく重いのできちんと支えてあげないと流れ出てしまうそうです。現場でもきちんと支えてありました!

 

あと、コンクリートってアルカリ性なんですって!なので錆びやすい鉄筋をコンクリートで覆うことで錆びにくくなるそうです!

でもずっとアルカリ性ってわけではなくて時間が経ってくると中性に近づいてくるそうです、、、

 

コンクリートにもいろいろな性質があるんですね!

未分類カテゴリーの記事