SDGs×山口工務店

「熊本県SDGs登録制度」に登録されました。

山口工務店は、この度熊本県SDGs登録制度(第2期)に登録されました。

私たちは、SDGsの達成に向け、より具体的な取り組みを推進し、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指してまいります。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

・お引越しから半年や1年後など期間を決めた点検の実施や担当者以外の人も社内検査を行うなどして家の安全性を確保する仕組みを構築しています。

・お引渡しから数十年後まで建物が使われることを考慮し、子どもが高齢者になり社会的要因が変化しても使いやすい家の提供を行っています。

・県産材を積極的に活用しています。

・省エネ住宅として「LIXIL SW工法」「そよ風工法」を使用しています。

・年齢や性別問わず一人ひとり意見の出しやすい社内、女性用休憩室の採用やその人の特性に合わせた仕事の割り振りなど、多様な人材が働きやすい環境の整備に取り組んでいます。

・安全に業務を行い、安心して働ける職場環境を目指し、資格取得のサポートや講習会等に積極的に参加しています。

・残業時間の管理徹底、業務効率化による労働時間の短縮に取り組んでいます。

・健康経営優良法人(経済産業省)の認定を受けています。

・建築の日(11月11日)に熊本県建築協会のボランティア活動の一環として公園のトイレ清掃等を行っています。

・熊本県建築協会を通じ、地元の学生(大学・高校及び専門学生等)のインターンシップ受け入れや地元大学との意見交換会への参加、地元高校の会社訪問を積極的に受け入れるなど、地元学生の雇用を積極的に行っています。

・お客様はもとより協力会社や会社・工事現場の近隣住民とのコミュニケーションを通じ、自社のあるべき方向性を考えています。

・会社敷地内に植栽するなど緑化に取り組んでいます。